プロフェッショナル

日本語で入ると大体こんな感じです

海外展開

ソーシャルメディアへの取り組み

キャッチコピーが入ります

フォントは変更できるのか?(WEBフォント)

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2015.03.26更新

永久歯が生え変わる前に、顎を広げたり、顎の成長を利用して顎の歪みを修正する床矯正という治療があります。

小児矯正の装置は自分でも着脱も可能です。
まだ小さなお子様が自分で装着管理するのが不安な場合、学校などでは装着せず、寝ている時間以外に6時間など一日14時間の装着も可能です。

床矯正治療を始めるのに良い時期は、糸切り歯が生えるまでの6歳から8歳までです。
その時期を逃すと早い時期なら抜かなくても良い歯を抜くことになってしまうこともあります。

タイミングを逃すことがないよう、お子様が小さな時期から歯のチェックをしておくことが大切です。
豊中市にあります当院で定期的な予防やチェックをしておくと安心です。

2015.03.19更新

当院は歯を残す治療を行っている、豊中市にある歯科医院です。
一般歯科から矯正治療まで幅広く対応をしていますので、お口のトラブルは放置せずに当院にお任せ下さい。

歯医者を変えることには、抵抗がある方も多いと思います。
当院では歯の治療の他、セカンドオピニオンとして利用することも出来ますので、他院での治療に不安を感じている方は、気軽にご相談においで下さい。
専門のスタッフが在籍しており、充実したカウンセリングが受けられます。
ドクターには患者様のお気持ちをしっかりと伝えますので、悩みや疑問がありましたら、ご相談下さい。

また、当院ではキッズコーナーがあるので、お子様連れのママも気兼ねなく歯の治療ができます。
家族で通院ができる患者様に優しい歯科医院として口コミで人気があります。

2015.03.16更新

暖かな日が続きようやく春の到来を感じる様になりました。

豊中市にございます当院は町の歯医者さんとして、地域住民のお口の健康をお守りしてきました。
日本は世界に誇る長寿国として知られていますが体だけではなく、お口の健康にもぜひ目を向けていただき、一生自分の歯で噛むことができるようにしていきましょう。

お口の健康に必要なのは、まず毎日のセルフケアがあげられます。
正しいブラッシングにより口腔環境を正常に保つ事ができますが、なかなか落としきれない汚れなどは誰にでも必ずあります。
この蓄積された汚れがプラークとなり様々な病気の引き金にもなります。
定期的に通院し、プロの手で除去してもらう事が病気のリスクを減らすことになりますので常に心がけていきましょう。

2015.03.10更新

歯科医院はむし歯や歯周病の治療など、歯が痛くなってから行く方が多いのですが、一生健康で噛める歯を残すためには、歯を残すための治療、予防歯科が重要です。
80歳までに20本の歯を残すことを理想とします。

当院の予防歯科は、プロによる歯のクリーニングや歯ぐきを健康にするためのホワイトニングを行っています。
またむし歯になっている場合には、削ったり抜いたりせず、レーザー治療による治療を行います。

またお子さまの場合には小さいうちからむし歯のない健全な環境にしておくことが大切です。
歯列がずれているお子さまには歯列矯正、床矯正が必要です。

当院は豊中市周辺の皆さまのための歯の健康を守るために、予防歯科に力を入れております。
大人の方からお子さままで、予防歯科に興味のある方は当院へご相談ください。
クリニックブログ こどもの床矯正・矯正治療相談室 日本の歯科100選
Doctors File
TEL:06-6850-8020