プロフェッショナル

日本語で入ると大体こんな感じです

海外展開

ソーシャルメディアへの取り組み

キャッチコピーが入ります

フォントは変更できるのか?(WEBフォント)

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2013.10.27更新

豊中市にある当院は、80歳で20本の歯を残せるような指導と治療を目指しています。
歯科には歯が痛くなってから行くというのは昔の話です。
今は痛くなる前の予防や健診のために行く方が増えています。

歯が痛くなってから歯科に行くのでは虫歯などの症状がすすんでいる事が多く、歯を残す治療もできないことがあります。
できるだけご自分の歯でいるため、早期発見と治療ができるよう、歯科での定期的なチェックをお願いしています。

子供の頃から予防をすると、虫歯などのトラブルの少ない口内環境をつくることができます。
歯科での指導と予防によって健全で強い永久歯、きれいな歯並びを作ることができるからです。
しかしそれは大人になってからでも可能な場合があります。
早期に虫歯などを治療し、自分だけでなく歯科での予防をすることです。

2013.10.22更新

当院は患者さまの歯をできるだけ残す治療を目指しています。
それは一生ご自分の歯で食べることができるようにするためです。
またご自分の歯でしっかりと噛むことが出来ると、健康にも良い影響を与えることもできるのです。
お口の健康は身体の健康へとつながっているのです。

豊中市にある当院は最新医療機器にて検査をしています。
歯科用マイクロスコープや歯科用CTなどにより、詳しく正確な診断ができます。
それによって治療する部分をはっきり把握でき、無駄な治療をすることなく治すことも可能となります。

様々な最新機器設備により、早期に診断結果を知ることができます。
そして患者様にも丁寧な説明が可能となりました。
そうすることで安心して治療を受けていただいております。

2013.10.16更新

歯科医院には歯が痛くなってから行くものだと考える方がいます。
しかし痛くなってからでは治療も長くかかり、症状により痛く感じるかもしれません。

豊中市にある当院は、歯科医院が怖いと感じる患者様にこそお越し頂きたいと考えております。
当院にはトリートメントコーディネーターが在籍しております。
医師との架け橋の役目をするトリートメントコーディネーターには、どのような小さな不安や疑問もお話下さい。
患者様の不安感などを取り除けるような対応を心がけております。

当院はできるだけ歯を残す治療も心がけております。
できるだけご自分の歯で噛むことができるような治療を目指しています。

歯科医院が苦手な患者様には少しでもリラックスして頂けるような医院でありたいと考えております。

2013.10.11更新

近頃、歯ぐきの腫れ、出血、口臭が気になり始めていませんか。
これらの症状は歯周病が考えられます。
虫歯ではないから歯科医院に行く必要はないと思っていると、歯周ポケットの奥の見えないところで進行が進み、気づいたら歯が抜け落ちてしまうという場合があります。
早めの診察を心がけましょう。

歯周病は細菌による感染症です。
従来のようなブラッシングや歯石除去だけでは不十分という場合があります。

当院では、顕微鏡で歯周病の原因菌を見つけ、薬で退治するという歯周内科治療をおこなっています。
まず、患者様のお口の中の汚れを少し採取し、顕微鏡で観察します。
細菌の状況に合わせ、数日間除去薬剤を飲んでいただき、カビとり歯磨き剤で歯を磨きます。
原因菌がいなくなればお口の環境は整います。

定期検診をして再発を予防しましょう。

2013.10.09更新

歯並びを気にしている方で、目の不調や耳鳴りに悩まされている方はいませんか。
歯並びとは無関係と思われる症状も、実は歯並びの悪さが原因となっている場合もあるのです。
たかが歯並び、されど歯並びです。
歯並びは、見た目だけの問題ではないのです。

歯並びが悪いと、噛み合わせのズレが起こり、顎関節に悪影響を与えます。
顎関節の後ろには、目や耳などにつながる血管や神経が通っているため、顎関節のダメージは目や耳にも影響を及ぼすというわけです。

当クリニックでは、歯を抜かない矯正治療、床矯正治療を行っています。
永久歯に生えかわる前に、顎の成長発育を利用して、顎の歪みを修正します。
早い時期から矯正することにより、永久歯を抜かずに歯並びを良くすることができます。

歯並びが気になり始めたら、早めにご相談ください。
クリニックブログ こどもの床矯正・矯正治療相談室 日本の歯科100選
TEL:06-6850-8020