プロフェッショナル

日本語で入ると大体こんな感じです

海外展開

ソーシャルメディアへの取り組み

キャッチコピーが入ります

フォントは変更できるのか?(WEBフォント)

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2013.09.26更新

奥歯が抜けてしまったときに、健康な親知らずを移植する自家歯牙移植をご存知でしょうか。
自分の親知らずを抜いて奥歯に移植するため、ブリッジなどのように健康な両隣の歯を削るようなこともありません。
また、何と言っても噛み合わせがよくなりますし、比較的費用も安くて済むのが魅力の治療方法です。

歯を移植するだけで大丈夫なのかと心配される方もいらっしゃるのですが、移植した歯には、数年経つと歯を支える骨も再生されます。
しかし、感染などによって移植した歯が定着しないような場合もあることは否めません。

歯牙移植は保険診療のため5000円程度で治療ができます。
奥歯がなくて都合の悪い方や、奥歯の歯周病などがひどい方は、歯牙移植をしてみてはいかがでしょう。
歯牙移植については、豊中市の当クリニックへご相談ください。

2013.09.25更新

お子さまの歯がおかしなところから生えているとか、傾いている、歯と歯が重なっているようなことはないでしょうか。
また、上の歯が下の歯に被るように生えるのが普通ですが、その反対になり受け口状態であるとか、前歯が飛び出した出歯の状態になっていることはないでしょうか。

このような歯並びの悪い状態は、健康に悪影響を及ぼすこともあるため、子どものうちに矯正しておくのが良いでしょう。
子どものうちであれば、歯を抜くことなく矯正することもでき、歯磨きもしやすくなるため虫歯になりにくくなります。
また、大人の矯正よりも歯が動きやすいため、比較的早く良い歯並びになります。

矯正は、6歳から8歳ぐらいからはじめるのがベストです。
お子さまの歯並びについてご心配の方は、豊中市の当クリニックまでご相談ください。

2013.09.18更新

歯周病は、虫歯のように歯に穴が開くわけではなく、歯の周りを支える組織が壊れていく病気です。
細菌プラークが増えて毒素を出し、血や膿を出したり、歯の周りの骨を溶かしたりします。50代の方の半数以上は歯周病にかかっています。
しかし、多くの人は重篤になってからでないと治療しないのが現状です。

豊中市の当クリニックでは、歯周病を薬で治します。
まず、口の中のバイ菌を顕微鏡検査で確認し、現状を把握するとともに、歯周病になりやすいかどうかを見ます。
結果を元に患者さんに応じた抗菌剤を処方し、3日間ほど服用してもらいます。

カビ菌が確認された場合には、カビとり歯磨き剤で歯磨きをしてもらいます。
1週間後に炎症の度合いによって、歯石除去を施します。
歯がだめになる前に、定期検診で歯周病予防をしましょう。

2013.09.16更新

歯科治療には、目に見える表面的な症状だけでなく、歯茎に埋まった部分や顎の骨など状態も確認することがあります。
見えない箇所の状態を把握し治療するためには、平面画像だけでなく、立体的な画像によって正確な情報が必要です。

そのため当クリニックでは、歯科用マイクロスコープや歯科用CTなどの最先端機器を使って、正確な検査と的確な治療を円滑に行っています。
例えば立体画像で顎に埋まっている歯を確認することによって、歯の生え方に異常がないか、歯を抜かずに治療ができるかなどを判断できます。

また、歯の位置や生え方、神経との位置関係を見ることができるため、手際よく、安全に抜歯をすることができます。

歯の都合が悪い方、違和感のある方は、安心して当クリニックの最先端治療を受けてください。

2013.09.11更新

あなたは、80歳までに20本の歯を残すことができますか。
日本は欧米に比べ、高齢での歯の残存率が非常に少ないのが実情です。
これは、「予防歯科」という概念が日本ではまだまだ浸透していないからでしょう。

高齢になっても自分の歯で噛むことができるのは、健康である条件の一つです。
健康な歯を残すためには、定期的なチェックとメンテナンスが必要になります。

歯が痛くなってからではなく、痛くなる前に歯科クリニックへ行ってください。
当クリニックでは、なるべく歯を残せるように、なるべく抜かない治療を心がけています。

「しばらくクリニックに行っていない」、「自分の歯は健康だろうか」と言う方は、ぜひ当クリニックでチェックし、メンテナンスを行ってください。
最新の設備で、最新の治療をいたします。
クリニックブログ こどもの床矯正・矯正治療相談室 日本の歯科100選
TEL:06-6850-8020